コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古市宗也(初代) ふるいち そうや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古市宗也(初代) ふるいち-そうや

1613-1684 江戸時代前期の茶人。
慶長18年生まれ。加藤清正の家臣下野藤八の子。清正没後,茶道を古市了和にまなび,その養子となる。のち京都で千宗旦(そうたん)と親交をむすんだ。貞享(じょうきょう)元年8月19日死去。72歳。名は勝悦。通称は源右衛門。号に宗玄,清風軒,知庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古市宗也(初代)の関連キーワードマサチューセッツロマノフ朝ロマノフ朝パスカル(Blaise Pascal)貞享ロマノフ朝ハインリヒ・ユリウスベトレンミハイル・ロマノフミーレフェルト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android