コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンゴラ Luis de Góngora y Argote

百科事典マイペディアの解説

ゴンゴラ

スペインの詩人。サラマンカ大学に学び,コルドバの大聖堂の聖職禄を得,のちフェリペ3世の聴罪司祭に任命されて1626年までマドリードに住み,翌年コルドバで没した。
→関連項目黄金世紀クルスモデルニスモ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンゴラ【Luis de Góngora y Argote】

1561‐1627
スペインの詩人。コルドバの名家に生まれ,父は法律家,母は裕福だが改宗ユダヤ人の家系ともいわれる。サラマンカ大学を中退し,コルドバ司教座の聖職禄を得た(1585)。聖務よりも詩作と世俗の生活を楽しみ,ロマンセ作者として評判を取った。しばしば首都の文人・宮廷人と接触,エスピノサ編《名詩人選》(1605)にソネットなど十数編を採用されて名声を得たが,宮廷入りには至らず,失望してコルドバに隠棲した(1609)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ゴンゴラ【Luis de Góngora y Argote】

1561~1627) スペインの詩人。誇飾主義を創始したスペイン詩壇の最高峰。長篇詩「ポリフェモとガラテアの神話」「孤愁」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴンゴラ
ごんごら
Luis de Gngora y Argote
(1561―1627)

スペインの詩人。教養豊かな貴族の子としてコルドバに生まれ、サラマンカ大学に学んだが、文学と賭博(とばく)に熱中して学業を中途で放棄した。父親の助力でコルドバの大寺院の扶持(ふち)僧になったのちも、しばしば行状をとがめられ、やっかい払いの形でスペイン各地に派遣されている。彼は生涯の大半を故郷の町で過ごし、代表作『ポリフェーモとガラテーアの寓話(ぐうわ)』(1612)と『孤愁』第1部(1613)も、コルドバに近い田舎(いなか)に引きこもっていたときに書いたが、この両作品で詩人としての名声を確立すると、居をマドリードに移し、1617年にはフェリペ3世の名誉教誨(きょうかい)師に任命された。しかし晩年は金銭問題と病気に悩まされ、ふたたびコルドバに帰って死んだ。
 ゴンゴラはしばしば「光の詩人から闇(やみ)の詩人に転じた」と評されるように、ロマンセ(歌謡)やレトリーリャ(畳句(じょうく)を備えた叙情詩)といった伝統的な詩型による初期の詩は、音楽性と機知に富んだ平明な作品が多く、だれからも親しまれやすいが、それに反して『ポリフェーモとガラテーアの寓話』や『孤愁』といった後期の作品は、詩的表現の純粋性を求めるあまり極度に難解になっていて、かなりの知的素養がないと理解しがたい。ラテン語の語彙(ごい)と文章法を大胆に取り入れた破格的な構文で、神話を下敷きにした物語を描くその独特な表現法は、彼の名にちなんでゴンゴリスモとか、文飾主義とよばれ、17世紀のスペイン詩のみならず文学全般にきわめて大きな影響を及ぼした。しかしその一方でローペやケベードのように、ゴンゴリスモに批判的な文学者も少なくなく、両者の間で激しい応酬があった。ゴンゴラの声価は18、19世紀には低下したが、20世紀になるとふたたび高くなり、今日ではスペインの生んだ最高の詩人の一人とみなされている。[桑名一博]
『ガルシア・ロルカ著、桑名一博訳「ゴンゴラの詩的イメージ」(『世界批評大系3』所収・1975・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴンゴラの関連キーワードアロンソ(Dámaso Alonso)メタフィジカル・ポエットゴンゴラ・イ・アルゴテルイス・デ・アラルコンラテンアメリカ文学ダマソ アロンソフェリペ[3世]バロック文学レサマ・リマ二十七年世代アルベルティ7月11日ガラテアレイエスアロンソ文飾主義奇想主義ダリオ

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android