岡本豊彦(読み)おかもと とよひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本豊彦 おかもと-とよひこ

1773-1845 江戸時代後期の画家。
安永2年7月8日生まれ。はじめ黒田綾山,のち京都にでて松村月渓にまなぶ。山水画を得意とし,松村景文とならび四条派を代表する画家となった。弘化(こうか)2年7月11日死去。73歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。字(あざな)は子彦(しげん)。通称は司馬。号は鯉喬,葒村(こうそん),澄神斎。作品に「近江八景」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡本豊彦
おかもととよひこ

[生]安永2(1773).備中
[没]弘化2(1845).7.11. 京都
江戸時代後期四条派の画家。字は子彦 (しげん) ,通称司馬。号はこう村,澄神斎,丹岳山人など。故郷を去り京都四条付近に居住。呉春に師事し,来朝諸家にも学ぶ。山水,人物,花鳥を描き,特に文人画風の山水画に長じる。門人は塩川文麟,柴田是真など。主要作品『江山漁夫図』『孔雀図』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

岡本豊彦 (おかもととよひこ)

生年月日:1773年7月8日
江戸時代後期の四条派の画家
1845年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の岡本豊彦の言及

【円山四条派】より

…最初は蔑称であったものが,のち正式の流派名になったという。代表的画家に呉春の異母弟で流派の確立者となった松村景文のほか,長山孔寅(こういん)(1765‐1849),佐久間草偃(そうい)(?‐1828),柴田義董(1780‐1819),岡本豊彦(1773‐1845),山脇東暉(1777‐1839)らがいる。 円山四条派は以後も命脈を保ち,近代日本画の確立に大きな役割を果たした。…

※「岡本豊彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android