コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本豊彦 おかもと とよひこ

3件 の用語解説(岡本豊彦の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡本豊彦

江戸後期の画家。備中生。字は子彦、通称を司馬、号に繭村・鯉喬等。呉春の弟子で、山水・人物画が特に優れ、松村景文と四条派の双璧を成した。呉春より南画的文人画的要素が多い。門人に柴田是真塩川文麟らがいる。京都に住した。弘化2年(1845)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本豊彦 おかもと-とよひこ

1773-1845 江戸時代後期の画家。
安永2年7月8日生まれ。はじめ黒田綾山,のち京都にでて松村月渓にまなぶ。山水画を得意とし,松村景文とならび四条派を代表する画家となった。弘化(こうか)2年7月11日死去。73歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。字(あざな)は子彦(しげん)。通称は司馬。号は鯉喬,葒村(こうそん),澄神斎。作品に「近江八景」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡本豊彦
おかもととよひこ

[生]安永2(1773).備中
[没]弘化2(1845).7.11. 京都
江戸時代後期四条派の画家。字は子彦 (しげん) ,通称司馬。号はこう村,澄神斎,丹岳山人など。故郷を去り京都四条付近に居住。呉春に師事し,来朝諸家にも学ぶ。山水,人物,花鳥を描き,特に文人画風の山水画に長じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岡本豊彦の言及

【円山四条派】より

…最初は蔑称であったものが,のち正式の流派名になったという。代表的画家に呉春の異母弟で流派の確立者となった松村景文のほか,長山孔寅(こういん)(1765‐1849),佐久間草偃(そうい)(?‐1828),柴田義董(1780‐1819),岡本豊彦(1773‐1845),山脇東暉(1777‐1839)らがいる。 円山四条派は以後も命脈を保ち,近代日本画の確立に大きな役割を果たした。…

※「岡本豊彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡本豊彦の関連キーワード宋紫岡田中日華小倉東渓小田昂斎木村玉英小浦松園鈴木筌斎泉鉄館霞舫村梅岳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone