コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古幢周勝 こどう しゅうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古幢周勝 こどう-しゅうしょう

1370-1433 南北朝-室町時代の僧。
応安3=建徳元年生まれ。細川頼之の養子。臨済(りんざい)宗。京都天竜寺の不遷法序(ふせん-ほうじょ)や義堂周信,絶海中津(ぜっかい-ちゅうしん)らにまなぶ。各地を歴遊後,応永26年将軍足利義持の命で相国(しょうこく)寺の住持につく。のち南禅寺などの住持もつとめた。永享5年2月22日死去。64歳。京都出身。俗姓は清水谷。諡号(しごう)は鏡智法明禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古幢周勝の関連キーワード室町時代南北朝応安

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android