コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古幢周勝 こどう しゅうしょう

1件 の用語解説(古幢周勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古幢周勝 こどう-しゅうしょう

1370-1433 南北朝-室町時代の僧。
応安3=建徳元年生まれ。細川頼之の養子。臨済(りんざい)宗。京都天竜寺不遷法序(ふせん-ほうじょ)や義堂周信,絶海中津(ぜっかい-ちゅうしん)らにまなぶ。各地を歴遊後,応永26年将軍足利義持の命で相国(しょうこく)寺の住持につく。のち南禅寺などの住持もつとめた。永享5年2月22日死去。64歳。京都出身。俗姓は清水谷。諡号(しごう)は鏡智法明禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古幢周勝の関連キーワード応安ジョアン[1世]順帝建徳兪良甫東日本大震災の避難者数周期表阿蘇五岳鄭和本能寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone