コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古庄重敏 ふるしょう しげとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古庄重敏 ふるしょう-しげとし

1807-1872 江戸時代後期の庄屋。
文化4年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)国東郡姫島に港をきずき,嘉永(かえい)年間には入浜式塩田を造成するなど,島の発展につくした。明治5年2月10日死去。66歳。通称は小右衛門。号は逸翁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古庄重敏の関連キーワード庄屋

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android