コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古木鉄太郎 こき てつたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古木鉄太郎 こき-てつたろう

1899-1954 昭和時代の小説家。
明治32年7月13日生まれ。佐藤春夫の義弟。昭和3年改造社の編集者をやめ,創作に専念。「子の死と別れた妻」など私小説風の作品をかく。14年上林暁(かんばやし-あかつき)との共著「現代作家印象記」をあらわした。昭和29年3月2日死去。54歳。鹿児島県出身。別名に鉄也。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古木鉄太郎の関連キーワード昭和時代小説家

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android