コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古森厚茂 こもり あつしげ

1件 の用語解説(古森厚茂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古森厚茂 こもり-あつしげ

1813-1884 幕末-明治時代の国学者,神職。
文化10年5月3日生まれ。荒木田久守,足代弘訓(あじろ-ひろのり)にまなび,中島広足(ひろたり)らと親交があった。伊勢神宮外宮(げくう)の主典などをつとめる。数千首の和歌をよんだという。明治17年4月21日死去。72歳。本姓は河崎。字(あざな)は年魚。通称は金右衛門,内記。号は五十槻,鶴翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古森厚茂の関連キーワード犬塚興恕可部赤迩青木千枝赤井水雄小畑鹿太須田伊織関守雄服部正樹武藤良由村田良穂

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone