コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木田久守 あらきだ ひさもり

美術人名辞典の解説

荒木田久守

江戸後期の国学者。伊勢生。荒木田久老の子。姓は度会、通称は求馬、号は瓊鈴舎。国文・和歌に通暁し、父の家学を受け継いだ。伊勢内宮の権禰宜・従四位上に叙せられた。安政5年(1858)歿、71才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木田久守 あらきだ-ひさもり

1779-1853 江戸時代後期の神職,国学者。
安永8年3月1日生まれ。荒木田久老(ひさおゆ)の次男。父の跡をつぎ,伊勢内宮権禰宜(ごんのねぎ)となる。国文,和歌に長じた。嘉永(かえい)6年5月8日死去。75歳。名は正任。通称は求馬。号は五十槻園(いつきのその)。著作に「言因抄」「倭姫命(やまとひめのみこと)世紀古文解」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あらきだひさもり【荒木田久守】

1779‐1853(安永8‐嘉永6)
江戸末期の国学者。名は令睦で,宇治求馬と称した。久老の子で,伊勢神宮権禰宜。父の没後は本居春庭に師事する一方,橘守部をはじめ広く国学者と交わり,伊勢の国学界に重きをなした。著書に《倭姫命世紀古文解》《万葉集鳥獣草木考》等があり,《石川集》《真菅集》の歌集をのこした。また父久老の学問の紹述につとめ,遺書の《信濃漫録》を刊行するなどした。【鈴木 淳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒木田久守
あらきだひさもり

[生]安永8(1779)
[没]嘉永6(1853)
江戸時代後期の国学者。久老の子。父の職を継いで伊勢内宮の権禰宜 (ねぎ) となる。また家学である国史,和歌などを学び,『万葉集鳥獣草木考』『万葉集同字部類』『倭姫命世紀古文解』『源氏箒巻』などを著わした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

荒木田久守 (あらきだひさもり)

生年月日:1779年3月1日
江戸時代後期の国学者;伊勢内宮の祠官
1853年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

荒木田久守の関連キーワード竹川政胖生年月日古森厚茂度会久守

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android