コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木田久守 あらきだ ひさもり

4件 の用語解説(荒木田久守の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

荒木田久守

江戸後期の国学者。伊勢生。荒木田久老の子。姓は度会、通称は求馬、号は瓊鈴舎。国文・和歌に通暁し、父の家学を受け継いだ。伊勢内宮の権禰宜・従四位上に叙せられた。安政5年(1858)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木田久守 あらきだ-ひさもり

1779-1853 江戸時代後期の神職,国学者。
安永8年3月1日生まれ。荒木田久老(ひさおゆ)の次男。父の跡をつぎ,伊勢内宮権禰宜(ごんのねぎ)となる。国文,和歌に長じた。嘉永(かえい)6年5月8日死去。75歳。名は正任。通称は求馬。号は五十槻園(いつきのその)。著作に「言因抄」「倭姫命(やまとひめのみこと)世紀古文解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あらきだひさもり【荒木田久守】

1779‐1853(安永8‐嘉永6)
江戸末期の国学者。名は令睦で,宇治求馬と称した。久老の子で,伊勢神宮権禰宜。父の没後は本居春庭に師事する一方,橘守部をはじめ広く国学者と交わり,伊勢の国学界に重きをなした。著書に《倭姫命世紀古文解》《万葉集鳥獣草木考》等があり,《石川集》《真菅集》の歌集をのこした。また父久老の学問の紹述につとめ,遺書の《信濃漫録》を刊行するなどした。【鈴木 淳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荒木田久守
あらきだひさもり

[生]安永8(1779)
[没]嘉永6(1853)
江戸時代後期の国学者。久老の子。父の職を継いで伊勢内宮の権禰宜 (ねぎ) となる。また家学である国史,和歌などを学び,『万葉集鳥獣草木考』『万葉集同字部類』『倭姫命世紀古文解』『源氏箒巻』などを著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒木田久守の関連キーワード可部赤迩富樫広蔭鈴木柳塘長治祐義藤波氏守桜井信景既然言古学小伝国学者宇治求馬

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone