古河善兵衛(読み)ふるかわ ぜんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古河善兵衛 ふるかわ-ぜんべえ

1576-1637 織豊-江戸時代前期の武士,治水家。
天正(てんしょう)4年生まれ。小笠原重成の子。出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩士寛永元年福島奉行兼郡代となる。新田開発のため,桑折(こおり)の郷士佐藤新右衛門を添役として陸奥(むつ)伊達郡(福島県)の西根堰(にしねぜき)を開削した。寛永14年急死。自殺したとも,新右衛門とあらそい相打ちになったともいわれる。62歳。信濃(しなの)(長野県)出身。名は重吉(しげよし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

古河善兵衛

没年:寛永14(1637)
生年天正4(1576)
江戸前期の米沢藩士。寛永1(1624)年,福島奉行兼郡代となる。このころ藩財政の窮乏を救うため,新田開発は大きな課題であった。信夫・伊達郡(福島県)下では,元和年間(1615~24)から西根下堰の開削工事が始まっていたが,これだけでは用水が不足するので,古河は普請奉行として上堰の開削に着手,10年がかりで延長約30kmの堰を完成,約660haを灌漑した。藩主に阿武隈川の舟運利用を進言し,氾濫を防ぐ土木工事を行うなど,地域の開発に努めた。62歳で急死した。死因には諸説がある。

(丸井佳寿子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android