コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古河善兵衛 ふるかわ ぜんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古河善兵衛 ふるかわ-ぜんべえ

1576-1637 織豊-江戸時代前期の武士,治水家。
天正(てんしょう)4年生まれ。小笠原重成の子。出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩士寛永元年福島奉行兼郡代となる。新田開発のため,桑折(こおり)の郷士佐藤新右衛門を添役として陸奥(むつ)伊達郡(福島県)の西根堰(にしねぜき)を開削した。寛永14年急死。自殺したとも,新右衛門とあらそい相打ちになったともいわれる。62歳。信濃(しなの)(長野県)出身。名は重吉(しげよし)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

古河善兵衛

没年:寛永14(1637)
生年天正4(1576)
江戸前期の米沢藩士。寛永1(1624)年,福島奉行兼郡代となる。このころ藩財政の窮乏を救うため,新田開発は大きな課題であった。信夫・伊達郡(福島県)下では,元和年間(1615~24)から西根下堰の開削工事が始まっていたが,これだけでは用水が不足するので,古河は普請奉行として上堰の開削に着手,10年がかりで延長約30kmの堰を完成,約660haを灌漑した。藩主に阿武隈川の舟運利用を進言し,氾濫を防ぐ土木工事を行うなど,地域の開発に努めた。62歳で急死した。死因には諸説がある。

(丸井佳寿子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

古河善兵衛の関連キーワード古河重吉没年

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android