コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西根堰 にしねぜき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西根堰
にしねぜき

福島県北部,福島盆地の北東部を灌漑する用水路。下堰,上堰の2つから成り,摺上川から取水する。下堰は元和4 (1618) 年佐藤新右衛門が開設,飯坂温泉十綱橋のたもとから取水し徳江まで約 14km。上堰は寛永2 (25) 年古川善兵衛が開設,穴原で取水し五十沢 (いさざわ) まで約 29km。 1966年桑折 (こおり) の座ヶ沢川上流に藤倉ダムが完成,水路末端の水不足を解消した。湯野に佐藤,古川をまつる西根神社がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしねぜき【西根堰】

福島県福島盆地北部,半田山東麓の台地および低地を灌漑する用水路。西根下堰,西根上堰からなり,いずれも阿武隈川の支流摺上(すりかみ)川の水を揚水する。堰の名は,伊達郡の阿武隈川左岸地域の称であった西根郷に由来。下堰は1618年(元和4)開削され,水路は湯野地区前野(現,福島市)より森江野(現,国見町)まで約13kmで,現在の灌漑面積は540ha。上堰は24年(寛永1)着工し,9年後に湯野地区穴原より五十沢(いさざわ)(現,梁川町)までの約30kmを開削した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西根堰
にしねぜき

福島県北東部、阿武隈(あぶくま)川左岸の福島盆地北西部を灌漑(かんがい)する用水路。1618年(元和4)米沢(よねざわ)藩信達(しんたつ)四郡役の1人佐藤新右衛門(しんえもん)は摺上(すりかみ)川の水を西根郷湯野村八卦(はっけ)(福島市)で取水する湯野堰(西根下堰)14キロメートルを開削し、これにより400ヘクタールの水田が開かれた。1624年(寛永1)には福島郡代古川善兵衛(ふるかわぜんべい)が新右衛門の協力を得て、湯野村穴原(あなはら)で摺上川から取水する工事に着手、1632年に完成した(西根上堰)。湯野の温泉までは岩壁を掘削する難工事であった。延長30キロメートル、900ヘクタールの水田を潤した。1969年西根堰の水不足を補うため、産ヶ沢(うぶがさわ)に藤倉ダムがつくられた。[安田初雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

西根堰の関連キーワード桑折(町)古河善兵衛

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android