コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古河電池 ふるかわでんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古河電池
ふるかわでんち

蓄電池メーカー。古河電工系。 1914年創設の横浜電線製造 (現古河電工) 電池製造所を前身に,50年設立。 55年航空機用蓄電池の開発に成功した伝統から,航空・宇宙向けに強い。主力は鉛蓄電池で,自動車向けの比率が高い。パソコン用ニッケル水素電池も一時伸びたが,その後撤退した。売上構成比は,鉛蓄電池 70%,アルカリ蓄電池 15%,整流器ほか 15%。年間売上高 301億 9700万円 (連結。うち輸出 11%) ,資本金 16億 4000万円,従業員数 913名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

古河電池

正式社名「古河電池株式会社」。英文社名「The Furukawa Battery Co., Ltd.」。電気機器製造業。昭和25年(1950)「古河電気工業株式会社」から分離独立し設立。本社は横浜市保土ケ谷区星川。古河電気工業子会社。蓄電池メーカー。鉛蓄電池・アルカリ蓄電池・電源機器の製造・販売を行う。主力は自動車向け。東京証券取引所第1部上場。証券コード6937。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

古河電池の関連キーワード田川 飛旅子水を注ぐ電池

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古河電池の関連情報