コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古満派 こまは

1件 の用語解説(古満派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古満派
こまは

蒔絵師の家系の流派。古満休意 (きゅうい) を初代とし,寛永 13 (1636) 年に徳川家光に召され御用蒔絵師となる。正系は江戸末期の 11代清兵衛まで続く。作風は幸阿弥派に比べて優美。5代久蔵から分れた別派で在野で活躍し,印籠蒔絵師として名を揚げた古満巨柳 (1772~89頃活躍) や,その弟子の古満寛哉 (かんさい) ,寛哉に学んだ柴田是真はこの派の名手。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古満派の関連キーワード古満休意休意古満古満蒔絵古満家古満休意(1)古満休意(2)古満休伯(1)古満休伯(2)古満休伯(3)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone