古満休意(読み)こまきゅうい

朝日日本歴史人物事典の解説

古満休意

生年:生没年不詳
江戸前期の蒔絵師で古満派の初代。江戸に住み,寛永13(1636)年将軍徳川家光に召し出されて幕府お抱えの蒔絵師となる。詳しい事績は不明だが,『幸阿弥家伝書』に延宝8(1680)年,上野寛永寺の家綱廟の蒔絵装飾に参画した旨の記載がある。休意の作風は,室町時代以来の伝統様式の蒔絵にさらに精細の度を加えたもので,代表作として,蓋裏に「古満休意作 同休伯安章極之」の銘がある「柴垣蔦蒔絵硯箱」(東京国立博物館蔵)をあげることができる。なお,没年については『古満家系図』に寛文3(1663)年と記されており,事績と併せて今後の検討の余地を残している。<参考文献>風俗絵巻図書刊行会編『蒔絵師伝・塗師伝』

(小松大秀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こまきゅうい【古満休意】

?~1663) 江戸前期の蒔絵師。御用蒔絵師古満派の祖。徳川家光の時に出仕。研ぎ出し蒔絵を得意とし、江戸城内紅葉山の仏殿や家綱廟の蒔絵に携わった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古満休意の言及

【古満家】より

…江戸時代の蒔絵師の家系。初代は休意(?‐1663)。1636年(寛永13)徳川家光に召され御抱蒔絵師となり,江戸城内紅葉山の仏殿に蒔絵をして大いに褒められた。彼の作に〈柴垣蔦蒔絵硯箱〉(東京国立博物館)がある。子孫は江戸末期まで12代におよび,代々の作風を古満蒔絵とよぶ。その作風は幸阿弥蒔絵と異なり,幸阿弥家では古満家を道楽蒔絵と軽んじた。古満家は時代の流行にそった変化ある態度で製作し,品格を第一として静的で保守的な作風の幸阿弥家とあいいれなかったといえよう。…

※「古満休意」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android