コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古田晁 ふるた あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古田晁 ふるた-あきら

1906-1973 昭和時代の出版経営者。
明治39年1月13日生まれ。昭和15年臼井吉見(うすい-よしみ)の協力で筑摩書房を創立,文芸書を出版。唐木(からき)順三,中村光夫らの支援をうける。21年「展望」を創刊。28年から刊行した「現代日本文学全集」が成功し,全集ブームに先鞭をつけた。41年会長。昭和48年10月30日死去。67歳。長野県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古田晁の関連キーワード[各個指定]芸能部門秋山清[各個指定]工芸技術部門ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)神代辰巳沢渡朔児童雑誌ポセイドン船舶による汚染防止の国際条約相田武文

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone