唐木(読み)からき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐木
からき

唐木」のページをご覧ください。

唐木
とうぼく

「からき」ともいう。紫たん,黒たん,白だん,花りん,タガヤサンなどの硬質木材をいう。東南アジア方面に産し,美しい色合いやつやをもっているため,古来家具や細工物に用いられてきた高級輸入材である。彫刻の素材にも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

からき【唐木】

紫檀したん・黒檀・タガヤサンなど熱帯産の銘木。中国を経由して輸入された。とうぼく。

からき【唐木】

姓氏の一。

とうぼく【唐木】

〔中国を経て渡来したことから〕
紫檀したん・黒檀・タガヤサンなど東南アジア産の木の総称。からき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

唐木 (カラキ)

植物。黒檀・紫檀・白檀などの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

から‐き【唐木】

〘名〙 (もと中国を経て輸入されたところからいう) 紫檀(したん)、黒檀、白檀(びゃくだん)など、熱帯産の上等な材木。
※御湯殿上日記‐文明九年(1477)閏正月一七日「かちゐとののより〈略〉から木二色まいる」

からき【唐木】

姓氏の一つ。

とう‐ぼく タウ‥【唐木】

〘名〙 (中国を経て渡来したところから) 東南アジア・南洋諸島に産する木材の総称。紫檀・黒檀・白檀・チーク・ラワンなど。からき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の唐木の言及

【唐木細工】より

…木工の一技法。唐木とはシタン,コクタン,タガヤサン,カリンなど南方から輸入された硬質材を総称し,もと中国を経て渡来したのでこの名がある。これらは工作にも特殊な技術を要するので唐木細工と称し,専門の指物師によって扱われている。…

【コクタン(黒檀)】より

…カキノキ科カキノキ属Diospyrosの樹木には黒色の心材を有するものがあり,これをコクタンと総称する。シタンタガヤサンカリン(花櫚)などとともに代表的な唐木(からき)の一つで,床柱,框(かまち),和机,飾棚,仏壇,茶だんす,細工物,美術工芸品,楽器(ピアノの鍵盤,バイオリンの糸巻など),箸,そろばん枠などに賞用される。材質が緻密で,気乾比重0.80~1.43(一般には1.05~1.20)ときわめて重硬である。…

【銘木】より

…また最近ではこれらをスライスドベニヤとして前述の各用途に用いることが多い。外国産で,その樹種が銘木としてよく知られているのは,熱帯アジア産では,唐木(からき)類(シタン,カリン,コクタン,タガヤサンなど)があり,さらに世界的に著名なものとして,チーク(熱帯アジア),ウォールナット(アメリカおよびヨーロッパ),マホガニー(中南米),ローズウッド(シタンを含む,熱帯アジア,熱帯アメリカ)などがある。これらにあやかるために前述のウォールナットなどの名前に接頭語をつけた○○ウォールナットというような名前をもつ木材が世界に非常に多い。…

【木材】より

…スギも加工がしやすく木目の美しいことから柱や天井板などに使い,曲げに強いマツははりに,堅く木肌の美しいケヤキもはりに使う。違棚(ちがいだな)や家具にはシタン,コクタン,ビャクダン,タガヤサンなどの輸入材を使い,外来であることから唐木(からき)と称した。この輸入が始まった時期は不明だが,江戸時代初期のいわゆる唐木趣味の例に桂離宮新御殿の桂棚と呼ばれる棚,日光東照宮拝殿室内の彫刻などがある。…

※「唐木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐木の関連情報