古畑正秋(読み)ふるはた まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古畑正秋 ふるはた-まさあき

1912-1988 昭和時代の天文学者。
大正元年9月18日生まれ。旧制諏訪中学時代,三沢勝衛(かつえ)に天文学をまなぶ。昭和32年東大の教授。43年同大東京天文台長。夜天光の研究で知られる。昭和63年11月23日死去。76歳。長野県出身。東京帝大卒。著作に「星空の12ヵ月」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android