コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古筆了意 こひつ りょうい

美術人名辞典の解説

古筆了意

江戸後期の古筆鑑定家。古筆家9代。古筆鑑定家5代道僖(定武)の子。了伴は子。名は初め定常、のち最長、通称は半之丞、別号琴山・鑑覚庵道古。8世了泉の歿後、師家を相続して琴山の印を伝える。門下に恒川了盧・長井半弥・小林了可・清水了因・大倉汲水(了恵)。天保5年(1834)歿、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古筆了意 こひつ-りょうい

1751-1834 江戸時代中期-後期の古筆鑑定家。
宝暦元年生まれ。古筆宗家9代。8代了泉(りょうせん)の弟子であったが,了泉の没後古筆家をつぎ,琴山の家印をうけついだ。幕府古筆見。天保(てんぽう)5年8月6日死去。84歳。本姓は神田。姓は平沢。名は定常。通称は半之丞。別号に鑑覚庵道古。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古筆了意の関連キーワード古筆了伴

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android