コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

句点 クテン

大辞林 第三版の解説

くてん【句点】

文が終わったしるしとして、文末の右下につける「。」の記号。まる。 → 読点とうてん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の句点の言及

【句読点】より

…または.)や〈てん〉(、または,)などの符号。まるを句点,てんを読(とう)点という。〈まる〉や〈てん〉のほかに,〈なかてん〉(使い方の例:名詞・代名詞 マネー・サプライ),〈かっこ〉(( )),〈かぎかっこ〉(「 」),さらに,〈つなぎ〉( = ),〈つなぎてん〉( ‐ )などがある。…

※「句点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

句点の関連キーワード久・九・供・区・區・口・句・工・懼・狗・矩・苦・躯・軀・駆・駒・驅パンクチュエーション大日本仏教全書モーニング娘。センテンス文(ぶん)手旗信号禁則処理息が長い丸・円句読点表記法コンマしるし点字読点

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

句点の関連情報