読点(読み)とうてん

精選版 日本国語大辞典「読点」の解説

とう‐てん【読点】

〘名〙
① 文章の切れ・続きを明らかにするために、文の中の意味の切れめにつける符号。普通「、」を用いる。
② ①のを打つこと。句読を切ること。
※文机談(1283頃)一「持本ありといへども点にもをよばず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の読点の言及

【句読点】より

…または.)や〈てん〉(、または,)などの符号。まるを句点,てんを読(とう)点という。〈まる〉や〈てん〉のほかに,〈なかてん〉(使い方の例:名詞・代名詞 マネー・サプライ),〈かっこ〉(( )),〈かぎかっこ〉(「 」),さらに,〈つなぎ〉( = ),〈つなぎてん〉( ‐ )などがある。…

※「読点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android