句調(読み)クチョウ

デジタル大辞泉の解説

く‐ちょう〔‐テウ〕【句調】

和歌・俳句・詩などの調子。
文章の言いまわし。文章の調子。
「殊更に真面目な―なので」〈漱石それから

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちょう【句調】

文の調子。文体。 「非難の-」
俳句の風体。句風。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐ちょう ‥テウ【句調】

〘名〙
① 和歌、俳句、詩歌などのうたわれる調子。
※国歌八論(1742)歌源「句調のととのほりて口に滞らざるあり」
② 文章の言いまわし。文章の語調。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉九「魯文大哥(れっとるぶろぞろ)の句調(クチャウ)に俲ひ〈略〉筆を操る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

句調の関連情報