コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叫び サケビ

デジタル大辞泉の解説

さけび【叫び】

大声をあげること。また、その声。「助けを求める叫び
他に向かって必死の思いでする主張。「民族独立の叫び

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

叫び

ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクの絵画(1893)。原題《Skrik》。表現主義の先駆者の一人であるムンクの代表作。血のように赤い夕空の下、橋の上で両耳をふさぎ、口を大きく開けた人物が描かれている。オスロ国立博物館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

さけび【叫び】

さけぶこと。また、その声。 「魂の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

叫びの関連キーワードフー・キャン・アイ・ターン・トゥシュトゥルム・ウント・ドラングマディスン・P. ジョーンズ鹿児島県鹿児島市桜島赤水町エーリヒ ヴァイネルトヌニェス・デ・アルセ47年グループ口を衝いて出る押すな押すな四つの終止符ウオークライ叫ぶ・哭ぶ荒井源次郎喧鬧・諠鬧万歳クリフベルイマンノルウェー伊藤左千夫ヤラの叫び大声疾呼

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

叫びの関連情報