咆哮(読み)ホウコウ

  • ×咆×哮
  • ほうこう ハウカウ
  • ほうこう〔ハウカウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)猛獣などが、ほえたけること。また、その声。「虎(とら)が咆哮する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ほえさけぶこと。獣などがほえたけること。咆号。比喩的に、勢いの激しい水音や風の音にもいう。
※黄葉夕陽邨舎詩‐後編(1823)一・大猪川歌「大猪之水源何処、滾沙漂石咆哮去」
※続々金色夜叉(1899‐1902)〈尾崎紅葉〉一「水之が為に皷怒し、咆哮し、噴薄激盪して奔馬の乱れ競ふが如し」 〔抱朴子‐清鑒〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

咆哮の関連情報