遠吠え(読み)トオボエ

デジタル大辞泉「遠吠え」の解説

とお‐ぼえ〔とほ‐〕【遠×吠え】

[名](スル)
犬やなどが遠くで声を長く引いてほえること。また、その声。
自分より強い者に直接には手向かわないで、で悪口をいうこと。「少数の反主流派が遠吠えする」
[類語]嘶く鳴く吠える囀る集く咆哮する鳴き声囀り初音鶏鳴東天紅雁が音・吠え声・嘶き・空音時をつくる・喉を鳴らす・吠え立てる・唸るたけうそぶ鳴き頻る鳴き立てる歌う地鳴き笹鳴き蝉時雨虫時雨叫び声絶叫怒号咆哮叫び叫喚喚き声喚声怒鳴り声罵声怒声

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android