コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可航河川 かこうかせんnavigable river

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可航河川
かこうかせん
navigable river

一定の大きさの船舶の通航が可能な河川。内陸水路として用いられるが,その場合,一定水深航路幅,流速の緩和が必要である。このため勾配の大きい河川ではダムと閘門を設備したり,河川と平行に運河を掘削して航路を維持し,また浚渫を反復して水位と水深を一定に保つ。セントローレンス川揚子江アマゾン川のように大型外洋船の遡航が可能な河川もあるが,世界の大部分の可航河川は,はしけ用水路として重要であり,特にアメリカやヨーロッパ大陸では可航河川は多くの運河によって相互に連絡し,貨物輸送網を形成している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

可航河川の関連キーワードシャッタル・アラブ川レンパ川河川交通ボルガ川水運

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android