コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可航河川 かこうかせんnavigable river

1件 の用語解説(可航河川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可航河川
かこうかせん
navigable river

一定の大きさの船舶の通航が可能な河川。内陸水路として用いられるが,その場合,一定の水深と航路幅,流速の緩和が必要である。このため勾配の大きい河川ではダムと閘門を設備したり,河川と平行に運河を掘削して航路を維持し,また浚渫を反復して水位と水深を一定に保つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone