コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合田恒斎 ごうだ こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

合田恒斎 ごうだ-こうさい

1773-1818 江戸時代後期の儒者。
安永2年生まれ。合田如玉(じょぎょく)の子。合田立誠の弟。京都の人。家は代々阿波(あわ)徳島藩儒官久米訂斎(くめ-ていさい)にまなぶ。徳島藩にはつかえず,各地でおしえた。文政元年7月4日死去。46歳。名は武明。通称は力五郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

合田恒斎の関連キーワード菱田毅斎櫟原踅斎儒者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android