コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合羽版 かっぱばん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合羽版
かっぱばん

木版印刷の一技法。厚紙を切抜いて型紙をつくり,その上にろうを引いてこれを紙の上に押当て,牡丹刷毛で上から彩色刷りをする。 (→ステンシル )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の合羽版の言及

【シルクスクリーン】より

…版画や印刷の技法で,孔版(合羽版,謄写版)の一種。セリグラフィーserigraphyともいう。…

※「合羽版」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合羽版の関連キーワードシルクスクリーン合羽摺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android