吉原言葉(読み)ヨシワラコトバ

精選版 日本国語大辞典の解説

よしわら‐ことば よしはら‥【吉原言葉】

〘名〙
① 江戸吉原の遊郭で遊女などが用いた特殊なことば。ありんすことば。
※浮世草子・好色二代男(1684)一「里の童の花あらすを、それしばし、枝折事はいやよと、江戸のよし原言葉(ハラコトバ)を聞くに、猶ゆかしく」
② あどけなく見せること。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「諸事あどけなく見せるを俗に葭藁言(ヨシハラコトバ)と云ひやす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる