コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉向治兵衛 きっこう じへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉向治兵衛 きっこう-じへえ

1784-1861 江戸時代後期の陶工。
天明4年生まれ。大坂の十三(じゅうそう)で楽焼をはじめる。大坂城代水野忠邦から吉向の号をあたえられ,吉向焼と称した。津山藩,岩国藩,須坂藩の御庭焼をつくり,江戸の向島(むこうじま)に窯をひらいた。江戸吉向は養子一郎がうけつぎ,大坂吉向は甥(おい)与左衛門が相続。文久元年8月16日死去。78歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。姓は戸田。別号に十三軒松月など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉向治兵衛の関連キーワード炭酸塩岩脈文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)ティチング唐来参和メリーランド州会議事堂フランクリン邦アトウッド

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android