コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉嗣拝山 よしつぐ はいざん

2件 の用語解説(吉嗣拝山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉嗣拝山

南画家。筑前大宰府生。名は達、字は士辞。画は少時より京都で中西耕石に学び、また詩も能くする。維新後は倉敷県令となる。のち震災で右腕を失い、左手で揮毫。号を左手拝山・独掌庵とする。信州の児玉果亭・愛知の山本梅荘と共に地方南画家の三傑と称される。大正4年(1915)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉嗣拝山 よしつぐ-はいざん

1846-1915 幕末-大正時代の画家。
弘化(こうか)3年生まれ。中西耕石に文人画をまなぶ。地震で右手をうしない,左手拝山と称された。明治10年ごろ清(しん)(中国)にわたり研究。山水・花鳥画を得意とし,とくに芦雁(ろがん)図にすぐれた。大正4年1月11日死去。70歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。名は達。字(あざな)は士辞。別号に独掌庵。代表作に「富岳の図」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉嗣拝山の関連キーワード趙希遠国井応陽佐保山晋円祖栄滝凌雲墨沢松原竹坡村越向栄竜登林居

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone