コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉川忠安 きっかわ ただやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉川忠安 きっかわ-ただやす

1824-1884 幕末の武士。
文政7年閏(うるう)8月28日生まれ。吉川忠行の長男。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。境目奉行,明徳館和学方教授,砲術館頭取などを歴任。この間,文久3年には小野崎通亮(みちすけ)らと雷風義塾を創設する。「開化策論」をあらわし,尊王思想と西洋の科学・軍事技術の導入,殖産興業を主張。戊辰(ぼしん)戦争では藩主に建白書を提出し,鶴岡藩征討を決断させた。明治17年10月9日死去。61歳。通称は類助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android