コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉左右 キッソウ

デジタル大辞泉の解説

きっ‐そう〔‐サウ〕【吉左右】

《「左右」は知らせ、便りの意》
よい知らせ。吉報。
善悪や成否いずれかの知らせ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きっそう【吉左右】

〔「左右」は便たよりの意〕
よい便り。うれしい知らせ。吉報。 「落ち着いて-を待つて居たらいいでせう/羹 潤一郎
よいか悪いか、どちらかの便り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

吉左右の関連キーワード大友真鳥小栗判官幸若舞愛護若信徳丸信田妻加治木小太夫説経吉報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android