吉左右(読み)キッソウ

大辞林 第三版の解説

きっそう【吉左右】

左右は便たよりの意
よい便り。うれしい知らせ。吉報。 落ち着いて-を待つて居たらいいでせう/羹 潤一郎
よいか悪いか、どちらかの便り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きっ‐そう ‥サウ【吉左右】

〘名〙
① (━する) よいたよりを出すこと。また、喜ぶべき通知。吉報。⇔悪左右(あくそう)
※上杉家文書‐天正九年(1581)五月六日・田中尚賢外二名連署状「押返し目付を差越申候条、御左右、以夜日に次、御註進可申上候」
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)一「追付有り付吉左右(キッサウ)せん」
② 善悪、成否どちらかのたより。たよりのよしあし。
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「京師の報知を听かざる中は処決なるべき事にあらねば西の空のみ打眺めて其吉左右(キッサウ)を待つ程に」
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)下「吉左右よしと皆々ささやきいさみける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android