コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉弥侯部真麻呂 きみこべの ままろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉弥侯部真麻呂 きみこべの-ままろ

?-795 奈良時代の俘囚(朝廷に服従した蝦夷(えみし))。
神護景雲(じんごけいうん)元年(767)蝦夷の民を説得して朝廷に服従させた功績により,伊治(いじ)城の完成時に外(げ)正五位下をさずけられる。延暦(えんりゃく)14年5月大伴部阿弖良(おおともべの-あてら)らに殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉弥侯部真麻呂の関連キーワード奈良時代神護景雲えみし俘囚

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android