コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古義学 コギガク

大辞林 第三版の解説

こぎがく【古義学】

伊藤仁斎の提唱した学問。孔子・孟子の教えをその原典にさかのぼって究めようとするもの。名称は仁斎の私塾の古義堂による。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古義学の言及

【伊藤仁斎】より

…江戸前期の儒者。古義学派の創始者。通称と本名ははじめ源吉維貞,1683年(天和3)に源佐維楨(げんすけこれえだ)と改名。…

【仁斎学】より

…江戸前期の儒学者伊藤仁斎(1627‐1705)が築いた思想体系。思想的目標からみて古義学,成立場所からみて堀川学ともいう。仁斎個人の思想をさす場合と,学派としての思想をさす場合とがある。…

※「古義学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

古義学の関連キーワード伊藤仁斎宅〈古義堂〉跡ならびに書庫仁井田好古伊藤好義斎武田三益伊藤東峯高志泉溟山口西園伊藤梅宇山口鳴鶴吉村秋陽語孟字義十時梅崖蔭山東門伊藤東所桜井東亭宮野尹賢伊藤蘭畹穂積以貫井上金峨並河天民

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android