コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉村遍宜 よしむら へんぎ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉村遍宜 よしむら-へんぎ

?-1785 江戸時代中期の医師。
薩摩(さつま)鹿児島藩士。京都で吉益東洞(よします-とうどう)の門にはいり,古医方をまなんだが,東洞の学説をうたがい,対立して帰郷。「人参(にんじん)説」「痘疹(とうしん)必用」をあらわし,師の説を批判した。天明5年死去。名は貞兼別号に臨古。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吉村遍宜の関連キーワードベルトレ三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝カートライト(Edmund Cartwright)コンドルセ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android