コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田一保 よしだ いっぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田一保 よしだ-いっぽう

?-? 江戸時代中期の講釈師。
大坂講談中興の祖。軍談を得意とし,明和7年軍書の概説書「和漢軍書要覧」をあらわす。大当たりをとった歌舞伎「伊賀越乗掛合羽(いがごえのりかけがっぱ)」は一保の仇討物の講釈によっている。安永8年(1779)ごろ死んだといわれる。別名に臨高堂一保子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田一保

没年:安永8頃(1779)
生年:生年不詳
江戸中期,大坂の講釈師。別名臨高堂一保子。島の内三津寺西町(大阪市)の寺子屋で軍書を講じ,能弁で鳴らした。吉田姓を名乗るところから,吉田神道の神道講釈も講じたといわれる。演目の豊富さを誇り,和漢の軍書を広く概説した著書『和漢軍書要覧』は,長く版を重ねた。彼の仇討物の講釈に取材した歌舞伎,奈河亀輔作「伊賀越乗掛合羽」(大坂中の芝居初演)は評判となった。享和(1801~04)ころには2代目がいたらしく,弟子の吉田天山も名高い。<参考文献>中村幸彦『大阪講談中興之祖・吉田一保』(『中村幸彦著述集』10巻)

(荻田清)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしだいっぽう【吉田一保】

?‐1779(安永8)
江戸中期の講釈師。《浪花見聞雑語》などに,まこと芝居を見るような古今無双の名人とたたえられた大坂講談中興の祖。得意とした伊賀の仇討を奈河亀輔が脚色し,大坂中の芝居で上演した《伊賀越乗掛合羽》は,1776年(安永5)から翌年にかけて140日打ち続けられた。その知識の一端は版を重ねた簡便な解題書《和漢軍書要覧》(1770)によって知られる。上方歌《ねぐら》の作詞も行う。なお2代目も《浪華なまり》(1802)に吉田天山と併称される存在であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

吉田一保の関連キーワード中村幸彦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android