コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈河亀輔 ながわかめすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈河亀輔
ながわかめすけ

江戸時代中期の歌舞伎作者。奈良の商家に生れる。若いとき放蕩のあげく歌舞伎界に入り,上方歌舞伎界の大立て者1世並木正三に入門。正三の没後,立作者となる。師の風を受けて,浄瑠璃の手法を取入れ,御家騒動や実録物を素材として複雑な筋の変化をみせる作品を書き,上方歌舞伎を頂点に引上げた。本読みの名人で,浄瑠璃の素語りのごとく読んだという。代表作は時代物が多く,『伊賀越乗掛合羽』 (1776) ,『伽羅先代萩 (めいぼくせんだいはぎ) 』 (77) ,『大願成就殿下茶屋聚 (だいがんじょうじゅてんがぢゃやむら) 』 (81) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ながわ‐かめすけ〔ながは‐〕【奈河亀輔】

江戸中期の歌舞伎狂言作者。初世。奈良の人。並木正三の門人で、安永・天明(1772~1789)のころに京坂で活躍。代表作「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」「伊賀越乗掛合羽(いがごえのりかけがっぱ)」「競(はでくらべ)伊勢物語」など。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

奈河亀輔【なかわかめすけ】

歌舞伎脚本作者。生没年不詳。18世紀後半に活躍。奈良の人。放蕩(ほうとう)の末,大坂の並木正三の門に入り,正三没後立作者として活躍した。御家騒動など実録物にすぐれ,時代物を確立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながわかめすけ【奈河亀輔】

江戸中期の歌舞伎作者。遊泥居,永長堂と号した。生没年不詳。寛政(1789‐1801)ごろ没か。奈良に生まれ,奈良,河内に遊んで身が修まらなかったのをしゃれて奈河と称した。遊蕩のすえに作者の世界に入った人である。初世並木正三に師事して劇作を始め,1771年(明和8)初めて中の芝居に名を出し,正三の没した73年(安永2)から約15年間,おもに中の芝居の立作者として40余編の狂言の筆を執った。時代物にすぐれ,なかでも《競(はでくらべ)伊勢物語》(1775),《伊賀越乗掛合羽》(1776),《伽羅(めいぼく)先代萩》(1777),《加賀見山廓写本(さとのききがき)》(1780),《殿下茶屋聚(てんがぢややむら)》(《敵討天下茶屋聚》1781)の5編は《伊賀越》が145日打ち通すという古今まれな大当りをとったのを筆頭にいずれも大入り大当りをとり,初演以後も繰り返し上演された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ながわかめすけ【奈河亀輔】

(初世)歌舞伎脚本作者。奈良に生まれ、河内に遊んだので奈河と称した。並木正三の門人。安永・天明期(1772~1789)に京坂で活躍。講釈の劇化を得意とした。生没年未詳。代表作「伽羅めいぼく先代萩」「殿下茶屋聚てんがぢややむら」「伊賀越乗掛合羽」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈河亀輔
ながわかめすけ

歌舞伎(かぶき)作者。亀助とも。3世まであるが初世が有名。[古井戸秀夫]

初世

生没年不詳。大坂の歌舞伎作者の姓、奈河の祖で、奈良に生まれ河内(かわち)を放浪したために奈河を名のったと伝えられる。安永(あんえい)期(1772~81)の大坂で初世並木五瓶(ごへい)とともに活躍。丸本の影響が強かった大坂において、講釈などによった純歌舞伎の名作を次々と書く。天明(てんめい)期(1781~89)には「総支配人」と称し興行全般を管理するようになった。代表作は『松下嘉平治連歌評判(まつしたかへいじれんがのひょうばん)』『競伊勢物語(はでくらべいせものがたり)』『伊賀越乗掛合羽(いがごえのりかけがっぱ)』『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』『加々見山廓写本(さとのききがき)』『大願成就殿下茶屋聚(たいがんじょうじゅてんがちゃやむら)』など。門下に奈河七五三助(しめすけ)がおり、その門弟奈河篤助(とくすけ)が一時2世を名のる。3世は嘉永(かえい)(1848~54)ごろの作者。[古井戸秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の奈河亀輔の言及

【伽羅先代萩】より

…通称《先代萩》。奈河亀輔作。1777年(安永6)4月大坂嵐七三郎座(中の芝居)初演。…

※「奈河亀輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈河亀輔の関連情報