コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田市十郎 よしだ いちじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田市十郎 よしだ-いちじゅうろう

1845-1906 明治時代の社会事業家,官吏。
弘化(こうか)2年10月9日生まれ。父の跡をつぎ,武蔵(むさし)幡羅郡(はたらぐん)奈良村(埼玉県熊谷市)の名主となる。貧民救済,道路橋梁新設などにつくす。福島県半田銀山管理の業績をみとめられ,明治10年内務省にはいり,のち大蔵少書記官,会計検査官などをつとめた。明治39年10月2日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田市十郎の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android