コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田自休 よしだ じきゅう

2件 の用語解説(吉田自休の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田自休 よしだ-じきゅう

?-1694 江戸時代前期の医師。
肥前長崎の人。長崎の半田順庵に南蛮医方(ポルトガル医学)をまなぶ。慶長-元和(げんな)のころマカオにおもむき医術をおさめて帰国し,南蛮・和蘭(オランダ)・漢方の三方をとりいれた吉田流外科をおこした。元禄(げんろく)7年死去。字(あざな)は鉅豊。通称は安斎。著作に「三国流外科伝書」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

吉田自休

没年:元禄7(1694)
生年:生年不詳
江戸前期の外科医。吉田流外科の開祖。字は鉅豊,通称は安斎,自休と号した。長崎の半田順庵に南蛮医学を学び,寛永20(1643)年マカオに赴いてさらに医術の修業をつんだ。南蛮,紅毛,漢方の三方の医術を取捨選択して,新たに三国流外科をおこした。門人坂田昌全を養子とし,吉田(自庵)姓を名乗らせて家業を継がせた。<著作>『三国流外科伝書』30巻,『三明一智集』<参考文献>関場不二彦『西医学東漸史話』上,盧千里『長崎先民伝』

(深瀬泰旦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田自休の関連キーワード楢林鎮山脳外科外科医美容外科吉田流整形外科医遠藤至六郎桂秀馬栗崎道喜(初代)吉田自庵

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone