吉田藩(伊予国)(読み)よしだはん

  • 伊予国
  • 吉田藩

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊予国(愛媛県)宇和郡に置かれた宇和島藩の支藩。外様(とざま)。1657年(明暦3)伊達秀宗(だてひでむね)が五男宗純(むねずみ)に3万石を分知し、吉田に陣屋町を建設して成立した。1686年(貞享3)山田騒動を契機として、以後宗藩の干渉を受けた。享保(きょうほう)の飢饉(ききん)後財政が窮乏し、1793年(寛政5)には有名な武左衛門一揆(ぶざえもんいっき)が起こった。国産には木蝋(もくろう)、和紙、干鰯(ほしか)がある。藩学は1794年時観堂(じかんどう)として成立した。

[三好昌文]

『『吉田町誌 上巻』(1976・吉田町教育委員会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android