コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武左衛門一揆 ぶざえもんいっき

4件 の用語解説(武左衛門一揆の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ぶざえもんいっき【武左衛門一揆】

1793年伊予国吉田藩で藩の紙専売制に反対して起きた大規模な百姓一揆。百姓武左衛門を指導者として一揆は全藩領に広がり、農民側の勝利に終わったが、武左衛門は処刑された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

武左衛門一揆【ぶざえもんいっき】

伊予(いよ)国吉田藩(3万石)領内で起きた百姓一揆(いっき)。吉田騒動・吉田藩紙騒動ともいう。1793年藩による紙の専売制に対して山間部8ヵ村の百姓が蜂起,これが領内のほぼ全域に及び,さらに一揆勢は宗藩(そうはん)宇和島藩強訴(ごうそ)するために宇和島城下に近い八幡(はちまん)河原に参集した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶざえもんいっき【武左衛門一揆】

伊予国吉田藩3万石で発生した惣百姓型の一揆。1793年(寛政5)2月,前年の藩の紙専売制施行に反対して山奥地方8村の農民が蜂起し,全藩領を巻きこんで宮野下村に出,さらに宗藩の宇和島藩に訴えるため,同城下に近い八幡河原に屯集した。吉田藩家老安藤継明は責任をとって自決し,農民は貢租,専売制,夫役などについて全面的に勝利した。頭取の武左衛門は処刑された。【三好 昌文】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武左衛門一揆
ぶざえもんいっき

1793年(寛政5)伊予国(愛媛県)吉田藩(宇和島藩の分家で3万石)で紙専売制に反対して起こった百姓一揆。指導者の上大野村(現鬼北(きほく)町)百姓武左衛門は、祭文(さいもん)語りに身をやつして組織にあたったといわれる。吉田藩紙騒動ともいう。当藩は貢租の収奪が厳しく農民の疲弊も宇和島藩の比ではなかったが、とくにこの一揆の7年前にも、天明大飢饉(てんめいだいききん)で困窮していた農民救済のため、神官の土居式部(どいしきぶ)が農民を蹶起(けっき)させようとして失敗した式部騒動が起こったが、藩は苛政(かせい)を緩めなかった。その後とくに藩の紙専売制に寄生していた法華津屋(ほけづや)などの高利貸商人は、困窮農民に楮元銀(こうぞもとぎん)を貸し付け、紙を安価に見積もって返済させて巨利を得ていた。藩役人も高利貸商人に癒着して私腹を肥やし、厳しい収奪を続けたので、2月9日に蜂起(ほうき)した農民は、全藩83か村のうち80か村5000人に及び、郡奉行(こおりぶぎょう)の制止を抑えて宇和島藩領に逃散(ちょうさん)したときは、参加人員8000になっていた。ついに宇和島藩の仲介で農民側の要求はいれられ専売制も緩和されたが、指導者の武左衛門は翌年捕らえられ処刑された。[三好昭一郎]
『景浦勉著『伊予農民騒動史話』(1972・愛媛文化双書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の武左衛門一揆の言及

【日吉[村]】より

…江戸時代は日向谷(ひゆうがい)などで製紙業が盛んであったが,1792年(寛政4)吉田藩が紙の専売制を施行したことをきっかけに,翌年大規模な一揆がおこった。中心となった武左衛門は上大野の出身で,吉田騒動,武左衛門一揆とよばれる。下鍵山は国境近くの交通の要地で,番所が置かれていたが,現在も国道197号線と320号線の接点で,村の中心集落である。…

※「武左衛門一揆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

武左衛門一揆の関連キーワード上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱サラブレッド若宮丸漂流民連邦議会の拡張函館港若宮丸渡辺崋山アジソン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone