コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田金重 よしだ かねしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田金重 よしだ-かねしげ

1890-1966 大正時代の小説家。
明治23年5月9日生まれ。精神病院看護人,警官などの職業を遍歴藤井真澄の「黒煙」にくわわり,大正8年同誌に「人殺し」を発表。以後「解放」「太陽」などを舞台に,どん底にいきる人々の生活をえがいた。昭和41年4月21日死去。75歳。岡山県出身。作品に「狂人の夢」「敗残者の群れ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉田金重の関連キーワード大正時代小説家

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android