コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田麻也 よしだまや

2件 の用語解説(吉田麻也の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

吉田麻也

長崎県長崎市出身のプロサッカー選手(日本代表)。イングランド・プレミアリーグ、サウサンプトンFC所属するディフェンダー(センターバック)。名古屋グランパスエイトU-15(2001 - 03年)、名古屋グランパスエイトU-18 (04-06年)、を経て、07年、名古屋グランパスでプロデビューし、08年からは同クラブのレギュラーのセンターバックとして活躍した。09年のシーズンオフオランダエールディビジのVVVフェンロー(フェーフェーフェーフェンロー)に完全移籍、12年にはサウサンプトンに完全移籍。いわゆる日本代表の「海外組」の一人。日本代表としては、08年北京五輪のU-23日本代表に選出、09年12月にA代表に初招集され、A代表デビュー。12年にはロンドン五輪出場のU-23日本代表にオーバーエイジ枠として選出され、主将としてチームを牽引した。2012年9月、自身のブログで一般女性との結婚を報告し、話題になった。

(2012-10-01)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉田麻也 よしだ-まや

1988- 平成時代のプロサッカー選手。
昭和63年8月24日生まれ。ポジションはDF。小学6年の平成12年名古屋グランパスU-15に入団。19年大分トリニータ戦でJリーグデビュー。20年北京五輪代表。21年A代表に初招集されイエメン戦に出場。22年オランダのVVVフェンロに移籍。23年AFCアジアカップの日本代表にえらばれ,ヨルダン戦で初得点。189cmの長身を活かしたヘディングが持ち味。24年ロンドン五輪代表にオーバーエイジ枠で選ばれ,主将として全6試合に出場し,4位入賞に貢献。同年8月イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンに移籍。26年FIFAワールドカップ(ブラジル大会)の日本代表にえらばれる。長崎県出身。豊田高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉田麻也の関連キーワード天皇杯栃木サッカークラブ日本プロサッカーリーグ長崎港アミュプラザ長崎サッカーai大丸 長崎店長崎玉屋浜屋百貨店長崎本店川淵三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田麻也の関連情報