コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉見英受 よしみ えいじゅ

1件 の用語解説(吉見英受の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉見英受 よしみ-えいじゅ

1833-1907 幕末-明治時代の鍼(はり)医。
天保(てんぽう)4年生まれ。信濃(しなの)(長野県)の人。7歳のとき天然痘にかかって失明。18歳のとき江戸にでて鍼医吉見英一にまなぶ。師の没後,その娘と結婚して吉見家をついだ。京橋八丁堀に盲生学校をたてて盲人子弟の自立につくした。明治40年1月2日死去。75歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

吉見英受の関連キーワード池田安正新間雲屏菅広州須山三益尊純原如童原心猛細川興貫森俊滋渡辺碩也

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone