吉野 作造(読み)ヨシノ サクゾウ

20世紀日本人名事典の解説

吉野 作造
ヨシノ サクゾウ

明治〜昭和期の政治学者,評論家 東京帝大文科大学教授。



生年
明治11(1878)年1月29日

没年
昭和8(1933)年3月18日

出生地
宮城県志田郡古川町(現・古川市)

別名
号=古川,松風軒

学歴〔年〕
東京帝大法科大学政治学科〔明治37年〕卒

学位〔年〕
法学博士〔昭和4年〕

経歴
明治39年清国直隷総督袁世凱に招かれて天津に渡り、嗣子袁定の家庭教師をつとめる。42年帰国、東京帝大文科大学助教授となり、翌年から英・独・米国に留学。帰国後の大正3年教授に就任。同年より滝田樗陰の勧めで「中央公論」に執筆を始め、5年1月号で民本主義を唱えた「憲政の本義を説いてその有終の美を済すの途を論ず」は大正デモクラシーの理論的基礎となる。13年東大を辞して朝日新聞編集顧問となるが、舌禍事件で3か月で退社。のち再び東大に講師として復帰。傍ら、明治文化研究会の中心人物として「明治文化全集」(全24巻)の刊行に尽力した。一方、15年には安部磯雄らと共に社会民衆党の結成に尽力。著書に「吉野作造博士民主主義論集」(全8巻 新紀元社)がある。平成7年古川市に吉野作造記念館が開館。10年同館から生誕120周年にちなんで漫画「蒼穹色(そらいろ)のまなざし」が刊行された。12年初の単行本である「試験成功法」が約100年ぶりに復刻される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

吉野 作造 (よしの さくぞう)

生年月日:1878年1月29日
明治時代-昭和時代の政治学者
1933年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉野 作造の関連情報