コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝田樗陰 たきたちょいん

8件 の用語解説(滝田樗陰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滝田樗陰
たきたちょいん

[生]1882.6.28. 秋田
[没]1925.10.27. 東京
大正期に大活躍した『中央公論』の編集者。本名は哲太郎。東京大学在学中から『中央公論』の翻訳の仕事をしていたが,1904年 10月正式にその記者となり,翌年社長の麻田駒之助を説いて文芸欄を設けて拡充し,小説の掲載に力を注いで業績を回復した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たきた‐ちょいん【滝田樗陰】

[1882~1925]編集者。秋田の生まれ。本名、哲太郎。「中央公論」主幹。同誌を総合雑誌に発展させ、多くの作家を育成した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

滝田樗陰【たきたちょいん】

明治末・大正期の編集者。本名哲太郎。秋田県生れ。東大在学中から《中央公論》の編集に関係し,1904年中央公論社に入社。時評・随筆・翻訳に長じ,吉野作造ジャーナリズム活動へ歩ませるなど,学界・論壇・文壇を通じ無数の新人,逸材を発掘,また夏目漱石森鴎外島崎藤村志賀直哉広津和郎谷崎潤一郎などの話題作を掲載するなど文芸欄を充実させ,《中央公論》を権威ある総合雑誌に育てあげた。
→関連項目嶋中雄作中央公論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝田樗陰 たきた-ちょいん

1882-1925 明治-大正時代の編集者。
明治15年6月28日生まれ。東京帝大在学中から雑誌「中央公論」の編集を手つだい,明治37年中退して社員となる。大正元年主幹。文芸欄に小説の掲載をはじめ,新人を登用して論説の充実をはかるなど,同誌を指導的総合誌にそだてあげた。大正14年10月27日死去。44歳。秋田県出身。本名は哲太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

滝田樗陰

没年:大正14.10.27(1925)
生年:明治15.6.28(1882)
明治大正時代の雑誌編集者。本名は哲太郎。秋田市生まれ。父以久治,母よし。東京帝大在学中から『中央公論』で翻訳の仕事を始め,明治37(1904)年10月に正式に入社し,晩年まで編集を担当した。本願寺系の『反省雑誌』から改題(1899)したばかりの『中央公論』に文芸欄を設けて部数の拡大に成功した。新人発掘に尽力し,『中央公論』は新人作家の登竜門となった。また,吉野作造,大山郁夫らと親交を結び,吉野の「憲政の本義を説いて其有終の美を済すの途を論ず」(1916年1月号)などを掲載したので,『中央公論』は大正デモクラシーの拠点となった。<参考文献>木佐木勝『木佐木日記』,杉森久英滝田樗陰

(井川充雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たきたちょいん【滝田樗陰】

1882‐1925(明治15‐大正14)
明治末・大正期の編集者。本名哲太郎。秋田県に生まれる。1903年東京帝国大学英文学科に入学。在学中から《中央公論》の海外新潮欄の翻訳者として同誌に関係するようになり,04年法科に転じたがそのまま編集者として入社,大学は中退した。12‐25年同誌の主幹として活躍,その間,民本主義を主唱する吉野作造や大山郁夫,美濃部達吉などの学究を論壇に登場させ,他方,文芸欄の充実に力をそそぎ,夏目漱石,森鷗外,島崎藤村志賀直哉広津和郎谷崎潤一郎等の話題作を次々と掲載するなどして《中央公論》を発行部数10万を超す権威ある総合雑誌に育てあげた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たきたちょいん【滝田樗陰】

1882~1925) ジャーナリスト。秋田市生まれ。本名、哲太郎。東大中退。1912年(大正1)雑誌「中央公論」主幹となり、同誌の基礎を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滝田樗陰
たきたちょいん
(1882―1925)

明治・大正期の雑誌編集者。本名哲太郎。明治15年6月28日秋田県生まれ。第二高等学校から東京帝国大学英文科に入学。在学中から『中央公論』の「海外新潮」欄に海外雑誌などの翻訳を掲載する仕事をしていた。1904年(明治37)9月東京帝大法科に転科したが、10月に中退、中央公論社の社員となる。以来病没するまで『中央公論』の編集者として、同誌を指導的総合雑誌につくりあげた。1912年(大正1)9月主幹に就任。まず滝田は文芸欄に小説を載せることを提案し、泉鏡花(きょうか)、田山花袋(かたい)、国木田独歩(くにきだどっぽ)らの作家を次々と起用した。これによって『中央公論』文芸欄は小説家の檜(ひのき)舞台と評価されるまでになった。また論説では、東京帝大法科の吉野作造をはじめ新しい論客を発掘し、論壇に新風を吹き込んだ。とくに民本主義論者に多く執筆機会を提供し、『中央公論』は大正デモクラシーの中心の一つとなった。滝田によって日本の総合雑誌の型がつくられたといっても過言ではない。大正14年10月27日死去。[有山輝雄]
『中央公論社編・刊『中央公論社の八十年』(1965) ▽杉森久英著『滝田樗陰』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の滝田樗陰の言及

【ジャーナリズム】より

…桂太郎内閣と元老山県有朋の軍備優先・民生無視の政策態度に対して,《時事新報》《朝日新聞》《万朝報》などの記者たちは,実業界代表とともに憲政擁護運動を展開し,桂内閣の退陣を実現して軍備拡張予算を一時的には食いとめた。この運動のさなかに雑誌《中央公論》は吉野作造の民本主義論を掲載し,編集長滝田樗陰はやがて新文学の旗手たちをもそだて,日本ファシズムに対する言論の最強力な対立者へと同誌が充実する素地をつくった。また,石橋湛山が《東洋経済新報》において反戦自由主義経済論をつらぬくにいたる契機も,この運動にあった。…

【中央公論】より

…この雑誌は92年《反省雑誌》となり,99年《中央公論》と改題され,発行所は反省社,1914年中央公論社となった。《中央公論》の地位を確立した功労者は滝田樗陰(ちよいん)(1882‐1925)である。樗陰はまず文芸欄を拡充し,明治末期から大正期にかけて谷崎潤一郎,志賀直哉,芥川竜之介ら新進作家を数多く登場させ,〈文壇の登竜門〉としての権威を築いた。…

【編集】より

… 編集という仕事が職業として独立するのは日本では歴史的には明治以降,近代的な出版が成立して以後のことである。なかでも《中央公論》の主幹を勤めた滝田樗陰(1882‐1925)などは独立した〈編集者の先駆者〉といえる。これに対して江戸時代では,著作家と編集者はまだあまり分離されておらず,滝沢馬琴などは,自分の著作の挿絵にどんなものが適切かをみずから画工に指示したりしている。…

※「滝田樗陰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

滝田樗陰の関連キーワード梅原北明阿武天風稲垣史生今井田勲木佐木勝佐和慶太郎関戸内兄富ノ沢麟太郎波多野あき子結城蓄堂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滝田樗陰の関連情報