コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉野太夫 よしのだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉野太夫 よしのだゆう

吉野(よしの)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉野太夫
よしのだゆう

江戸時代、京都の遊廓(ゆうかく)島原の遊女。吉野太夫を名のった者は時代を前後して数人以上みられ、そのうち灰屋紹益(しょうえき)(佐野重孝(しげたか))の妻になった者は有名。彼女は1606年(慶長11)3月、京都・大仏に生まれる。六条柳町の下ノ町の傾城(けいせい)屋林与次兵衛家の太夫となり、名声を博した。1643年(寛永20)8月に死去し、その墓は京都・鷹峯(たかがみね)の常照寺にある。なお、彼女の好んだ、茶席にみられる丸窓の吉野窓、名物裂(めいぶつぎれ)の一つである吉野間道(かんとう)にその名が残っている。[芳井敬郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

吉野太夫 (よしのだゆう)

生年月日:1606年3月3日
江戸時代前期の女性。京都の遊女
1643年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の吉野太夫の言及

【吉野】より

…もっとも《吉野伝》によると吉野を名乗る太夫は,江戸時代初期に限っても,10人以上いたという。なかでも有名なのは,六条柳町の林与兵衛家の2代目吉野太夫徳子(1606‐43)である。彼女は,京都の方広寺大仏の近くで生まれたという。…

※「吉野太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吉野太夫の関連キーワード富崎 春昇野口 達二茶室一覧灰屋紹益生年月日林又一郎佐野紹益時代祭鷹ヶ峰鷹峯よし吉野高尾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android