コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常照寺(読み)じょうしょうじ

世界大百科事典 第2版の解説

じょうしょうじ【常照寺】

京都府北桑田郡京北町にある臨済宗天竜寺派の寺。大雄山と号する。通称常照皇(じようしようこう)寺。光厳上皇の開基。南北朝内乱期の複雑な政局のなかで,数奇な運命にもてあそばれた北朝初代の光厳天皇は,捕らえられていた南朝後村上天皇の吉野の行宮で1352年(正平7∥文和1)落飾,勝光智・無範和尚と号した。その数年後,上皇は許されて帰洛したが,夢窓国師に師事し,ほどなく従僧1人を供に諸国行脚の旅に出た。丹波山国荘に入って一寺を開き,安住の地と定めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

常照寺の関連情報