コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常照寺 じょうしょうじ

1件 の用語解説(常照寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうしょうじ【常照寺】

京都府北桑田郡京北町にある臨済宗天竜寺派の寺。大雄山と号する。通称常照皇(じようしようこう)寺。光厳上皇の開基。南北朝内乱期の複雑な政局のなかで,数奇な運命にもてあそばれた北朝初代の光厳天皇は,捕らえられていた南朝後村上天皇の吉野の行宮で1352年(正平7∥文和1)落飾,勝光智・無範和尚と号した。その数年後,上皇は許されて帰洛したが,夢窓国師に師事し,ほどなく従僧1人を供に諸国行脚の旅に出た。丹波山国荘に入って一寺を開き,安住の地と定めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常照寺の関連キーワード国泰寺西芳寺天竜寺林丘寺臨済宗臨川寺鹿王院等持院橋本峨山高木竜淵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常照寺の関連情報