コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家筋 イエスジ

デジタル大辞泉の解説

いえ‐すじ〔いへすぢ〕【家筋】

一家の系統。家の血筋家系。「芸術家の家筋」「由緒ある家筋

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いえすじ【家筋】

日本の家族はさまざまな地域的構造的差異を内包しつつも,特定世代における生活集団という意義を超えて超世代的連続を志向する点に共通の顕著な特徴がみられた。超世代的連続にあたっては祖先子孫の関係を強く保持することが必要であり,どのような祖先と子孫の関係をとくに強調し,それを通じて家族が連続していくかがすなわち家筋の問題である。これに加えてどのような内容が特定の祖先から子孫へ伝達されていくかが家筋の第2の問題である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いえすじ【家筋】

家系。家の系統。 「お大名の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家筋の関連キーワード生まれ素性・生れ素性佐野長右衛門五位の蔵人伊藤富太郎金剛右京大田植え仙石騒動烏帽子親梅沢憲益京極家青山氏非蔵人氏系図総領筋御庭番親王家六条家筑登之一跡武門

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家筋の関連情報