コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋種 なごやしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋種
なごやしゅ

名古屋コーチンといわれるの一品種。 1882年に名古屋産の地鶏と中国産のバフコーチン種とを交配してつくられたもので,羽色は濃い赤褐色,尾が金属光沢のある緑黒色をしている。初めは脚毛が多く特色の一つであったが,改良されて,現在は普通の羽毛となり,名古屋種として品種が確定した。雄は 3.5kg,雌は約 2.6kg。年間 120~160卵を産み,卵肉兼用の品種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なごやしゅ【名古屋種】

ニワトリの一品種。名古屋地方の在来種にコーチン種を交配、改良したもの。羽毛は黄褐色。卵肉兼用種。名古屋コーチン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

名古屋種の関連キーワード伊勢二見ケ浦夫婦地鶏錦爽名古屋コーチン由良の媛っこ地鶏ひょうご味どり信州黄金シャモやまがた地鶏伊予路しゃも奥久慈しゃもにいがた地鶏媛っこ地鶏ニワトリ大和肉鶏新得地鶏熊野地鶏松風地鶏京地どり黄褐色鶏・雞三河種

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android