コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和高光 なわ たかみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名和高光 なわ-たかみつ

1315-1336 鎌倉-南北朝時代の武士。
正和(しょうわ)4年生まれ。名和長年の子。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年伯耆(ほうき)(鳥取県)船上山(せんじょうさん)の戦いで後醍醐(ごだいご)天皇をたすけ,黄楊(つげ)の櫛(くし)をあたえられた。建武(けんむ)3=延元元年6月京都で足利尊氏軍に敗れ,父とともに討ち死にした。22歳。幼名は乙童丸。通称は四郎左衛門尉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

名和高光の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android